ブログ記事

メールに変わるツールが、早く一般社会に浸透してほしい。

最近思いますが、メールが面倒です。メールというツールを使うのが、面倒に感じてきています。
 
 
もうプライベートではメールは使っていません。何年か前までは、ケータイのキャリアメールでしたが、今では全く使っていません。LINE@を使っています
 
仕事のやり取りは、Facebookのメッセンジャー、Skype、チャットワークをクライアントによって使い分けています。これらでチャットと無料通話をしています。
 
 
メールを使う時は、
  • 最初にクライアントと連絡するとき
  • ホームページのお問い合わせを利用するとき
  • 正式な書類を送る時
くらいになりました。
 
はっきりいって、チャットの方が全然使いやすいです。もう勝負にならないレベルだと感じています。
  • 送信した内容でも後で書き直せるし、削除もできる。
  • 誰から連絡がきたのか、ひと目で分かる。
  • 履歴がわかりやすい
  • グループ単位で管理できる(振り分けしなくていい)
 
仕事のプロジェクトが進行すると、特にチャットが使いやすいと思います。たまに仕事のやり取りを全部メールでする場合がありますが、ものすごく面倒で苦痛です。
 
 
確かにメールにも良いところはあります。
  • 一度送信したら変更できない。証跡になる。なにかあったときに証拠になる。
  • みんな持っている、使っている
 
とはいえ、このくらいですかね。メールを使う時はだいたい仕事関係で、クライアントと初めて連絡するときが多いです。しかし個人的には、もう1回目からチャットで連絡のやり取りをしたいです。
 
メールに変わるツールが早く一般に浸透してほしい。本気でそう思っています。