ブログ記事

お問い合わせフォームの制作は、地味に面倒です

最近、お問い合わせフォームを制作しています。

いつもはWordPressのContact Form 7やMW WP Formを使ってお問い合わせフォームを作ります。しかしWordPressを使用しない時は、自分でお問い合わせフォームを作らなければいけません。その場合、PHPというプログラム言語を使って、ゼロからお問い合わせフォームを構築することになります。

お問い合わせフォームを作成して思うこと

お問い合わせフォームを制作する時は、ユーザが使いやすいフォームかどうかを意識します。他のページは、あまり意識しませんが(それもダメだが)、お問い合わせフォームは、下記のことを意識しながら作成します。

  • フォーム自体が見やすいデザインか
  • データ入力がしやすいか
  • ユーザの離脱を防ぐため対策をしているか
  • 確認画面から戻る時にデータは残っているか
  • メールがきちんと届くか

要は、ユーザが使いやすいような設計をする必要があります。この考え方は、巷ではUI/UXと言います。

UI/UXとは?

UIとは、ユーザーインターフェースの略称で、直訳するとユーザーとの接点(インターフェース)となりますが、要はユーザにとって見た目の良いデザインのことです。UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略称で、直訳するとユーザーが体験すること(エクスペリエンス)であり、要は使いややすくてユーザに満足してもらうことです。

UI/UXとはユーザにとって見た目が良いデザインで、尚且つ使いやすいこと、そしてサービスに満足してもらうことです。

お問い合わせフォームは難しい

普通のホームページを作成する時に一番手間がかかるのは、お問い合わせフォームだと個人的には思っています。

UI/UXを意識した設計、HTML、CSS、JavaScript、PHPを使ってコーディング、さらにメールの送受信確認。お問い合わせフォーム作成はやることが沢山あります。

なかなかクライアントには分かってもらえませんが、地味に面倒な作業です。