ブログ記事

ホームページ制作の初期費用を抑えたいからって安易に契約しないように

 
ホームページ制作の初期費用が安いからって、安易に契約しないようにしましょう。それは安く見えるだけかもしれません。実際には高くつくことがあります。
 

中小零細企業の場合の相場は、だいたい20万~100万円位です

ホームページ制作費は、依頼する会社や内容によって大きく変動します。小さなホームぺージ制作会社が中小零細企業を対象にしている場合は、最低でも20万以上の制作費になると思います。
 
案件によっては、100万以上の制作費になることもあります。だいたいの相場でいうと、20万~100万円の範囲になると思います。
 
この相場だと、中小零細企業であれば、結構な金額だと感じるでしょう。すると、何とか安く制作することは出来ないか?そう考えてインターネットで調べることになると思います。
 

インターネットで探すと制作費が安い会社があります

そうすると、ホームぺージ制作費が5万円程度の安い制作会社を見つけるかもしれません。その制作会社は、料金が安くて、ホームページのデザインもカッコいい、ページ数をそこそこ作ることができる。すなわち、他のホームぺージ制作会社と同じクオリティで、5万程度の金額で対応してくれる。
 
「これは安い!しかも品質も良い。よし、この制作会社にお願いしよう。」
 
そうして、安い制作会社にホームページを依頼することになるでしょう。しかし、業者の自分としては、少し待ってほしい気持ちがあります。
 

費用を年単位で考えると変わらないことがあります

本当に安くて品質が良ければ最高ですが、安く見えるだけの場合があります。ホームぺージ制作費5万円程度は、初期費用として安く見えます。しかし、契約するときに毎月の運用保守費が含まれている場合があります。運用保守費として毎月一定額を支払う契約になっていることがあります。
 
例えば、運用保守費が月額1万円だと仮定すると、ホームページを3年保持すると下記の計算になります。
 

ケース1 ホームぺージ制作費5万、運用費が月額1万、3年経過したときの総額

ホームぺージ制作費 5万+月額 1万x36か月= 合計41万
 
ちなみにホームぺージ制作費30万円、運用保守契約せずに自社で行う場合は下記の計算になります。
 

ケース2:ホームぺージ制作費30万、自社運用で月額1100円、3年経過したときの総額

ホームぺージ制作費 30万+月額 1100円x36か月=合計33万9600
 
※サーバは月額で割ったら100円、ドメインは1000円と仮定しています。
 
3年経つと費用は大して変わらなくなります。
ちなみに4年目になると、初期費用を抑えたケース1の方が、確実に費用がかかるります。
 

後で運用保守費としてしっかり回収されています

最初に書きましたが、小さなホームぺージ制作会社が中小零細企業を対象にしている場合は、相場として、大体20万~100万円になると思います。
 
だけど、それだとお客は高いと感じるかもしれないから、安く見せようと考える制作会社がいます。実際は安く見せているだけで、後でしっかりと運用保守費という名目で、制作費を回収しています。
 
まとめですが、ホームページ制作の初期費用が安いからって、安易に契約しないようにしましょう。2~3年でかかる費用を考えましょう。実際には高くつくことがあります。