XAMPPでバーチャルホストの設定方法(WordPressの場合)

 
先日記事にしたXAMPPでバーチャルホストの設定方法ですが、一部不具合がありましたので追記します。

やっとできた!XAMPPでバーチャルホストの設定方法(Windows編)

WordPressだと表示できなかった

HTMLやPHPで作ったサイトだと問題なくブラウザに表示されましたが、WordPressだとページが403になって表示できませんでした。
 
どうやらバーチャルホストの設定に問題があったようです。調べた結果、前回追記したhttpd-vhosts.confファイルを一部変更する必要がありました。
 

Options Indexesを削除すると表示されました

<Directory “C:/xampp/htdocs/~/”>内のOptions Indexesを削除します。または、削除せずに行頭に#を入れてコメントにしても大丈夫です。
 


    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/urocca/"
    ServerName urocca.localhost


    #Options Indexes
    AllowOverride All
    Require all granted

 
これでWordPressでも問題なく表示されるようになりました。前回との違いはDirectory内の一部をコメントにしただけですが、なぜこの対応でブラウザに表示されるようになるのかナゾです。

Directory内の記述の意味は?

まずはDirectory内の記述について調べました。Directoryは、ディレクトリ(C:/xampp/htdocs/~/)に対してまとめて設定する機能です。
  • Optionsは、ディレクトリに対して使用可能な機能の設定です。Indexesは、リクエストしたURLが存在しない場合、ファイル名の一覧を返します。
  • AllowOverrideは、上書きの設定です。AllowOverride Allは、上書き許可となります。
  • Requireは、アクセス権の設定です。Require all grantedは、すべて許可となります。

結局、原因はわからず

Options Indexesですが、リクエストしたURLが存在しない場合、下図のようにファイル名の一覧を返す設定です。
 
 
ただし、設定しなくても問題ないそうです。どうしてOptions Indexesを設定するとWordPressではブラウザが表示されないのかは、わかりませんでした。
 
原因は不明ですが、とりあえず対応できました。
 
 
facebook
twitter
line
hatena
pocket