大塚商会のレンタルサーバ「アルファメールプレミア」を使った感想

先日、仕事で大塚商会のレンタルサーバを使いました。自分としては初めて使ったし、珍しい機会だと思ったので、今回使用した感想を書きます。

大塚商会のレンタルサーバの概要

大塚商会のレンタルサーバにはアルファメールというシリーズがあります。

シリーズは3つあり、全てビジネス向けのレンタルサーバです。今回、私は最上位のアルファメールプレミアを使用しました。

アルファメールプレミアの費用感

アルファメールプレミアの費用は、初期費用5000円、月額3800円~です。

最初はちょっと高いと思いましたが、まあビジネス向けサービスなのでこんなものでしょう。

ちなみに独自ドメイン費も込みです。これは珍しいですね。他のサーバ会社とは違っています。

独自ドメイン費が含まれていて、ビジネス向けサービスであれば、高くないのかなと思いました。

独自SSLは有料だった

個人的にはこの点が良くないと思いました。独自SSL(通常のSSL)が有料です。しかも月額3800円って高いです。

今の時代、SSLは必須です。エックスサーバやさくらインターネットだと無料で出来ます。無料SSLを提供するサーバ会社があるので、月額3800円は割高感があります。

アルファメールプレミアは、ビジネス向けサービスなので、無料SSLなんか使わずに、有料SSLを使えってことなんですかね。この点が良くないと思いました。

サーバの切り替えが出来る

本サービスで独特なことは、サーバの切り替えが出来ることです。

サーバの切り替えができるので、サイトをリニューアルするときは便利です。テストサイト(厳密にはステージングサイト)を作ったら、そのまま本番環境へ移行できます。

サーバは、バージョン1とバージョン2の2つあります。バージョン1は本番環境、バージョン2はテスト環境になります。

サーバの切り替えの流れ

ホームぺージをリニューアルする場合は、まずテスト環境にあたるバージョン2でサイトを構築します。

そこで動作確認をして問題なければ、本番環境のバージョン1へ切り替えを申請します。

申請後、夜中0時に本番環境へ切り替わります。

WordPressのバージョンが最新ではなかった

アルファメールプレミアのマニュアルには、動作確認済みのWordPressバージョンが最新ではありませんでした。

WordPressの性質上、バージョンは最新じゃないとマズいです。本当に最新ではないのか、それともマニュアルの更新が追い付いていないのか、その辺は分かりませんでした。

まとめ

大塚商会のレンタルサーバを初めて利用しましたが、かなり独特だと思います。慣れれば使いやすいのかもしれませんが、私は結構手こずりました。

ウェブ制作者としては、サーバーの切り替えができるのは助かります。安心して作業できるからです。

とはいえ率直な感想としては、自分が利用することはないと思いました。たぶん、大塚商会の強力な営業力で顧客を獲得しているのでしょう。まあ、その人たち向けのサービスかなと思いました。

facebook
twitter
line
hatena
pocket