ブログ記事

jQueryのバージョンについて調べました

前回の記事(どうしてCodePenでjQueryが反映されないのかわかった!)に関連した内容です。

jQueryのバージョンが違うことで、自分が作ったコードが動作しないことがありました。対応としてバージョン3.1.1から2.2.4に変更したら動作しました。

どうしてこんなことになったのか?調べました。

jQueryのバージョンは3種類あります。

バージョン1系、バージョン2系、バージョン3系の3種類あります。主な特徴は下記の通りです。

  • バージョン1系 — IE8以前に対応
  • バージョン2系 — IE9以降に対応、そして高速な動作。
  • バージョン3系 — バージョン1系とバージョン2系の後継種、バージョンの1本化。

ちなみにバージョン1系と2系は、バージョンが終了しています。しかし、バグ修正は行うそうです。ですので、バージョン1系は1.12.4が最新、バージョン2系は2.4.4が最新で、これが変わることは無いでしょう。

なぜ作ったコードがバージョン3系で動作しなかったのか?

バージョン3系から大幅に仕様が変わったみたいです。今まで使えたものが、使えなくなることがあります。

私の場合、動作しなかった理由は、loadイベントを使用していたからだと思います。$(window).load()は定番なので、何も考えずに使っていましたが、バージョン3系だと使用できないみたいです。

とりあえず面倒だからバージョン2.4.4にしておく。

今回は、バージョンを3系から、2系の最新の2.4.4に変更して対応しました。とりあえずわからない時は、バージョン2.4.4にしておくのが良いかなと思います。2.4.4なら大抵は動作すると思います。

後日、バージョン3系でも使用できるように対応してみます。