市川ウェブデザイン

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 学習日記 3ヶ月

マイナビ出版「HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2 対策テキスト&問題集」で約3ヶ月勉強しました。
 
現在、Chapter4「さまざまなHTML5関連API」を学習中です。ほんの60ページの間にさまざまのモノを詰めすぎて全然わかりません。というかこれで理解できるようになること自体が無理だと思います。
 
本を読んでも分からないので、いちいちネットで調べていますが、難しくて読んでもイマイチ理解できません。
 
グラフィックス、マルチメディア、オフラインアプリケーションAPIなどいろいろありますが、それぞれ1冊の本になるレベルだと思います。その位じゃないと使える技術として身につかないでしょう。
 

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は実戦向きなのか? 

まあ、レベル2の試験は広く浅い範囲の出題になると思います。なので、仮に試験に合格しても実際に使えるようになるのか?実戦向きなのか?というと、さすがにそれは難しいと思います。
 
今回資格を学習することで、HTML5関連の幅広い技術の全体像を知ることになるでしょう。実務に使える深い知識は、資格を取得した後の段階です。ということは、資格を取得した時がスタートラインになる思います。
 

資格取得はスタートライン

資格を取得する前は「これを取ったらいけるな」と考えますが、いざ勉強しテストに合格すると「まだスタートラインに立ったばかりだな」を考えを改めます。
 
勉強することで、その分野の奥深さを知ることになる。まあ、資格ってそんな役割なのかなと改めて思います。
 
だから資格を取っただけではダメなんだよ。と自分に言い聞かせています。