市川ウェブデザイン

ファンクションキーをWindowsに合わせる

 
Windowsユーザーの私がMacを使って最初に戸惑ったことは、ファンクションキーがWindowsと異なっていることです。
 
カナ変換のF7,F8、アルファベット変換のF9,F10が使えないことです。日本語で文章を書くときに、どうやってカナ変換と英数変換しているのかナゾでした。「まさか、最初に’英数’キーや’かな’キーを押しているのか?」と疑問に思いました。
 
調べましたが、どうやら「英数」キーと「かな」キーを2回押すと切り替わるのですが、これでは私にとっては不十分です。まず、全角・半角がすぐに切り替えられないし、カタカナはどうやって切り替えるのでしょうか。慣れていない私には無理です。
 
次の方法として、コントロールキーを押しながら「J」「K」「L」「;」を押すとF7,F8,F9,F10になります。
 
この方法は、私には無理です。「えーっと、コントロールキーとなんだっけ?」と考えてしまいます。とっさに手が動かないです。無意識的の内に変換したいです。
 

ファンクションキーを使用できるように設定

 
やっぱりファンクションキーを使うのが一番使いやすいので設定しましょう。
 
システム環境設定をクリックします。
 
キーボードをクリックします。
 
キーボードタグにある「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れます。
 
これでOKです。ただし、英数変換は大文字に変換してくれないのですが・・・。調べても分からず。そういうものなのでしょうか?