市川ウェブデザイン

10万以上のノートPC、実機をさわった後のレビュー

ノートPC購入を検討しています。インターネットで十分に調べましたが、やはり実機を触りたかったので、先日秋葉原に行きました。今回、実際に使用した感想を書きます。

全体的な感想

値段が10万円以上するノートPCだったら、どれでも良いと思いました。あとは好みの問題でしょう。このくらいの予算だとMacでもWindowsでも買えます。

では、実際に触れた感想を書きます。

Dell XPS 13

 

インターネットで調べたときは、これが1番の候補でした。しかし、実機にさわるとイマイチしっくり来なかったです。事前調査で分かっていましたが、エンターキーが小さ過ぎるのと、キータッチしづらい感じを受けました。Dellの高級ノートPCの位置づけですが、しょせんDellな部分が多々あるなと感じました。

Surface

画質がすごくキレイでした。Win系のノートPCの中では1番です。Windowsなのにカッコよく見えました。ただし、私にはちょっと値段が高いです。あと、本体とキーホードが外せる2in1の利点が、個人的にわかりません。タブレットはiPad持てば良いと思っています。

MacBook Pro 13

良かったです。今回を機にMacユーザになろうかな、ちょっと思いました。

MacBook Air

まあ、良いんじゃないでしょうか。MacBook Proをさわった後だったので、感動はないです。しかし値段が安いです。このくらいだったら、消耗品と割り切って気兼ねなく使用できます。

VAIO S13

これはすごい!使いやすいです。キータッチしていて気分が上がります。個人的にVAIOってカッコ悪い印象しかありませんでしたが、考えが変わりました。事前に調べてないだけですが、とんでもないダークホースです。

実機をさわった感想のまとめ

国産のノートPCは使いやすいと思いました。VAIOに限らずdynabookでも富士通でも使いやすいです。設計がしっかりしているのが理由でしょうか。反対に海外製は、スペックは良いけど、手にフィットしなくて使いづらい感じがありました。ただし、海外製でもMacは別です。使いやすかったです。

少し時間を置いてから、どれを購入するか決めたいと思います。