市川ウェブデザイン

だんだんとMacユーザーになっています

自分にとって初めてのMac、MacBook Airを購入してから10ヶ月が経ちました。Windowsユーザー歴約15年なので、購入した当初は使いづらくて後悔しましたが、最近はMacを使うようになりました。

Windowsもいいけど、Macも良い

最近はWindowsよりもMacの方が、長時間作業できます。画面を見ていても疲れにくい。キーボードを打っていても疲れにくい。つまりパソコンを使っていて疲れにくい気がします。スペックだけじゃ無い、使いやすさってものがMacにはあるのかなと思うようになりました。

Windowsと一括りにするのは乱暴な言い方ですが、自分のデスクトップPCで長時間作業していると、イライラします。パソコンやスマホなど、どれも長時間使うと、性格的にイライラしてきます。しかし、Macはイライラ感が少ないです。

メモの代わりになる

カフェで考え事をしたり、予定を立てたりしていますが、今までずっと紙とペンでメモしていました。アイデアが湧いてくるので紙とペンで手書きしていましたが、最近はMacBook Airを使ってメモしています。Evernoteを立ち上げてメモをするようになりました。手書きも良いですが、Macを使って考えることも良いものです。

徐々に生活の中でMacを使うようになった

今までWindowsで作業していたことを、少しずつMacで作業するようになりました。また、今まで手書きでメモしていたことを、少しずつMacを使ってメモするようになりました。

ちょっと前までは想像も出来ませんでしたが、だんだんとMacユーザーになっています。

 

MacBook Airを3ヶ月使用した感想

 
 
MacBook Airを購入して3ヶ月経ちました。
普段はこれでブログ書いたり、資格の勉強をしたり、インターネット閲覧に使っています。
 
今回は、実際にMacを使った感想を書きます。

1番良い点は、電源は落とさなくて良いこと。パソコンの蓋を開けたら速攻で使用できることです。 

これが1番の利点に感じます。PCの蓋を開いて速攻でつかえます。なんかこれに慣れてしまって、今となっては、なんでWindowsは出来ないのだろうかと思うようになりました。
 
最近のWindowsパソコンは対応しているんじゃないか?と思って調べましたが、まだ対応していないみたいです。電源を落とさなくて使用できることは、Macの圧勝ですね。 

次に良い点は、フォントが綺麗

windowsとはフォント自体が違いますが、それだけでなく、フォントの質が違う印象を受けます。特にフォントを大きくした時や長く画面を見ている時は、大きな違いを感じますね。なので長時間の作業は、目に優しいかなと思います。
 
まあ上に挙げた2つが大きな利点ですね。正直それくらいかな。
 
よく言われることは、MacはハードウェアやOSはmac製なので安定していること。
 
そう言われると早いかも、とは思いますが、体感できるほどではないですね。MacBook Airと同レベルのスペックのWindowsで比べないと何ともいえません。
 
まだ3ヶ月しか使っていないので、まだまだわかっていないことが多いです。
  • ファイルはどこに保存されているんだ?
  • 右クリックでメモ帳とか新規作成できないのか?
  • ファイルを保存するときに保存場所をどうやって指定できるのか?
未だにわからなくて困っていますが、いちいちネットで調べるのも面倒ですね。

まあそのくらいのものです

Macを紹介しているYoutuberやブログを見ると、Macって素晴らしいという印象を受けますが、個人的にはそこまでの印象は持ちませんでした。実際に所有してみて、特に感動したことはないです。
 
まあ過度な期待は持たない方が良いと思います。
 
 

ファンクションキーをWindowsに合わせる。F2,F12

F5、F7、F8、F9、F10をWindowsと同じ設定にしました。これだけでストレスなく使用できると思います。ただし、私の場合はまだ足りないので、もう少し設定します。
 
今回は、F2とF12をWindowsと同じ設定にします。
 
WindowsのF2キーは、フォルダやファイルの名前変更です。私は頻繁に使用するので、変更します。
 
Macだとどうやるんだろう?と思って調べたら、なんとエンターキーだけで良いとのこと。うーん、Macの方が楽ですね。今回は変更しないで、デフォルトでいきましょう。
 
F12は、ブラウザのデベロッパーツールです。多分ウェブ関係の人しか使わないと思います。F12を押すとこんな感じになります。
 
 
私は、もうデベロッパーツールが無いと仕事にならないですね。すごく使っています。Macだとありえないショートカットキーになっているので、Windows用に変更します。
 
システム環境設定をクリックします。
 
 
キーボードをクリックします。
 
 
ショートカットのタブをクリックします。
 
 
アプリケーションをクリックします。
 
 
+ボタンを押して新規作成します。
 
 
アプリケーションから「Google Chrome」を選択、メニュータイトルに「デベロッパー ツール」を入力、キーボードショートカットに「F12」を入力します。
 
 
これでOKです。あとは同じ要領でSafariなどを設定します。ちなみにIEはMacだとサポートしていないそうです。そういえばWindowsはSafariをサポートしていなかったですね。
 
 
 

ブラウザの更新をF5に設定する

 
WindowsからMacに持ち替えてイライラすることは、ブラウザを更新するときについF5を押してしまうことです。
 
というわけで、ブラウザの更新にF5キーを登録しましょう。
 
まずは、Chrome、Safariなんでも良いので、ブラウザを立ち上げましょう。
 
表示 > ページを再読み込み を確認します。
この「ページを再読み込み」がブラウザの更新になります。
  
 
現在、⌘Rとなっています。⌘(コマンドキー)+Rでブラウザの更新になります。このショートカットキーをF5に変更します。
 
 
システム環境設定をクリックします。
 
キーボードをクリックします。
 
ショートカットのタブをクリックします。
 
アプリケーションをクリックします。
 
+ボタンを押して新規作成します。
 
アプリケーションから「Google Chrome」を選択、メニュータイトルに「ページを再読み込み」を入力、キーボードショートカットに「F5」を入力します。
 
これでOKです。あとは同じ要領でSafariなどを設定します。
 
 
以上で完成です。
 
 

ファンクションキーをWindowsに合わせる

 
Windowsユーザーの私がMacを使って最初に戸惑ったことは、ファンクションキーがWindowsと異なっていることです。
 
カナ変換のF7,F8、アルファベット変換のF9,F10が使えないことです。日本語で文章を書くときに、どうやってカナ変換と英数変換しているのかナゾでした。「まさか、最初に’英数’キーや’かな’キーを押しているのか?」と疑問に思いました。
 
調べましたが、どうやら「英数」キーと「かな」キーを2回押すと切り替わるのですが、これでは私にとっては不十分です。まず、全角・半角がすぐに切り替えられないし、カタカナはどうやって切り替えるのでしょうか。慣れていない私には無理です。
 
次の方法として、コントロールキーを押しながら「J」「K」「L」「;」を押すとF7,F8,F9,F10になります。
 
この方法は、私には無理です。「えーっと、コントロールキーとなんだっけ?」と考えてしまいます。とっさに手が動かないです。無意識的の内に変換したいです。
 

ファンクションキーを使用できるように設定

 
やっぱりファンクションキーを使うのが一番使いやすいので設定しましょう。
 
システム環境設定をクリックします。
 
キーボードをクリックします。
 
キーボードタグにある「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れます。
 
これでOKです。ただし、英数変換は大文字に変換してくれないのですが・・・。調べても分からず。そういうものなのでしょうか?