市川ウェブデザイン

チラシを題材にしてデザインの勉強。中華ダイニングのデザイン制作4

コチラが参考にしたチラシです。

前回までの制作物です。

一応これで出来上がりとしても良いですが、少し修正します。

 

20170316-1

「勝華」の文字が細いため、エンボスが上手くいかず、立体感が出せなかったので、フォントを変えました。あと、ゴールドのグラデーションをもう少し細かく設定しました。

 

20170316-2

「中華ダイニング」の黒色の枠はいらないと思いましたが、枠を外すとゴールドがぼやけて見えたので、やっぱり元に戻しました。ゴールドは白枠ではなく、黒枠が引き締まって見えると今回学びました。

 

20170316-3

この2つの画像の赤色は、同じ色なのですが、どうも同じ色に見えません。原因は枠の色が白と黒で違うからです。違和感を感じるので同じ枠色に合わせました。

20170316-4

少しインパクトが無くなった気がしますが、まあコレで良いです。

 

あとは配色を少し整理して、背景の模様を変更しました。

これで完成です。というか、もう完成でいいです。

中華ダイニングの自分なりのちらし2170316

次回は、これまで制作してきた感想を書きたいと思います。

チラシを題材にしてデザインの勉強。中華ダイニングのデザイン制作3

コチラが参考にしたチラシです。

前回までの制作物です。

最後に地図を作成します。
20170311-1

実は地図作成は初めてです。普段はGoogleマップを埋め込むので、地図作成の機会はありません。良い機会なので学習しながら作ります。今回はIllustratorを使用しました。

まずは、Googleマップを背景に配置します。
20170311-2

 

Googleマップを参考にして道路、建物、駅をなぞります。
20170311-3

 

完成です。今回、地図のサイズが小さいので、可読性を考えて、大まかに制作しました。
20170311-4

 

地図をちらしに貼り付けて完成です。
20170311-5

 

一応、これでチラシ制作が完成しました。
20170311-6

次回は、現状よりもデザインの向上を目指すため、修正点を挙げて対応したいと思います。

 

 

チラシを題材にしてデザインの勉強。中華ダイニングのデザイン制作2

コチラが参考にしたチラシです。
 

前回は構成とテキストをデザインしました。
20170309-0

今回は画像を配置します。まずは、適当な画像を探します。必要な画像を洗い出します。

  • 背景に使用するイラスト
  • 中華料理の写真
  • ジョッキビールの写真orイラスト

無料画像が欲しい場合は、写真ACイラストACがおススメです。他にも無料画像サイトがありますが、正直コレが一番だと思います。

写真ACとイラストACですが、無料とはいえ、プレミアム会員(有料)のみダウンロード可のモノが結構多いです。その時は他の無料サイトを探しましょう。私は、いろいろ探すのが面倒なのでプレミアム会員になっています。

画像を配置したのがコチラです。
20170309-1

中華料理の写真は、探すのが大変かなと思いましたが、意外と簡単に手に入りましたね。それよりも背景を決めるほうが大変でした。正直イマイチかなーと思います。時間があれば、背景をもう少し良い出来にしたいです。

今回の作業である画像の検索と配置に1時間かかりました。次回は、地図の部分を制作します。

チラシを題材にしてデザインの勉強。中華ダイニングのデザイン制作1

以前書いた記事の続きです。
チラシを題材にしてデザインの勉強。中華ダイニングのデザインを分析

今回は分析した結果を参考にしてチラシを制作します。軽い気持ちで始めたのですが、あまりにも時間がかかったので途中までしかやっていません。残りは次回書きます。

コチラが参考にしたチラシです。

tirashi01-1.jpg

チラシ制作にPhotoshopとIllustratorを使用します。基本的にはPhotoshopで制作し、部分的にIllustratorを使用します。本当は全てPhotoshopでやりたいのですが、袋文字や背景のバクダンなどは難しいので、Illustratorを使用します。

今回は印刷するつもりはないので、Web用の72dpiで制作します。

まずはガイドを引きます。

chirashi2-1

 

次にテキストをデザインします

ちらしの上部分

chirashi2-3

この部分だけでも結構時間がかかりました。実際に模倣してみると、いろんなテクニックが盛り込まれています。尚、念のため店名は変えています。

店名の「勝華」は、少し凹凸(エンボス)の加工されています。多分、目立たせるのが目的だと思います。

「1月15日」ですが、よく見るとフォントが明朝体でした。他の文字はゴシック体ですが、日付だけを明朝体にしています。他とは異なる書体で目立たせるテクニックだと思います。ただし、明朝体にしただけだとフォントが細くなってしまいます。なので、フォントを横に拡大しています。

 

ちらしの中部分

chirashi2-4

ここは、写真がメインなのでテキストは特に問題ありません。「半額」の部分もそんなに難しくありませんでした。

ちらしの下部分

chirashi2-5

「生ビール ⇒ ¥299」は袋文字にドロップシャドウと結構装飾しています。

「299」はスーパーのチラシでよく見かけるフォントですが、何を使っているのか分かりませんでした。ポップ調のフォントにしています。

 

一応テキストのデザインは出来ました。次回は、画像を埋め込んでいきます。

 

チラシを題材にしてデザインの勉強。中華ダイニングのデザインを分析

チラシを題材にしてデザインの勉強をする

自宅のポストに入っていたチラシを題材にして、デザインの勉強をしたいと思います。ちなみに、お店に掲載の許可は取っていません。こんな風にインターネットに公開して良いのかわかりませんが、もし不都合であればご連絡ください。記事を削除します。ただし、二度とポストに入れないでくださいね。

中華ダイニング新規開店のチラシです。今回はこれの題材にして、デザインを分析します。

tirashi01-1

 

全体的な印象&レイアウトについて

 tirashi01-2

多分、デザイン関係の業者が作ったと思います。素人でこのレベルをデザインすることは難しいです。プロの業者が短時間で作ったのではないかと予想します。

レイアウトですが、左右の高さを揃えています。情報をきちんと整理整頓して配置させています。

 

店名、日付などのデザイン

tirashi01-3

①店名の「昇華」ですが、色をゴールドにして高級感を出しています。あとドロップシャドウを付けて立体的に見えるようにしています。店名を目立たせる配慮ですね。「中華ダイニング」の部分、フォントが丸文字ですが、ナゼなのでしょうか?理由がわかりませんでした。

②日付を目立たせています。「1月15日」全部を大きくしてしまいがちですが、「月」「日」→「1」」→「15」の重要な順番で大きくしています。背景のゴールドからはみ出るようにしています。

③文字と文字の間をきっちり詰めいてます。多分、上の日付と横幅を揃えることが目的だと思います。見やすいように整理整頓しています。

 

メニュー写真のレイアウト

tirashi01-4

①「半額」を変化をつけることで目立たせています。背景にバクダンを入れています。文字は、大きさを変えることと傾けることで、動きを出しています。

②写真ですが、普通であれば均等に並べてしまうものですが、1つだけ大きく表示させてメリハリをつけています。

 

値段、地図のデザイン

tirashi01-5

①よくチラシで見かける値段のデザインです。太めのフォントで文字間を詰めて存在感を出しています。背景の黄色いバクダンも定番です。「生ビール」の配色は、ビールだから冷たいというイメーシを考慮して青色にしたのでしょうか?

②なんてことないように見えますが、地図を作るのは、地味に面倒くさいです。

 

まあ、こんな感じですかね。随分好き勝手にエラそうなことを書きました。「じゃあ、お前作れるのかよ?」と言われれば、難しいです。