市川ウェブデザイン

HTML5プロフェッショナルレベル2 やっと合格しました。

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2にやっと合格しました。

去年の12月から勉強を初めて、約8ヶ月。思えば長い道のりでした。

今回合格しましたが、実は1回テストを受けて不合格になっています。テストを受けている時は、「まあ、なんとか合格できそうだなー」「合格したら何を食べようかなー」とか考えていましたが、不合格でびっくりしました。しかも、全然合格点に届いていませんでした。

テストの答えは教えてもらえないので、どこが間違えていたのか分からず。そして、自分は解けていると思い込んでいた。これは非常にマズい状態だなと思いました。

この試験は、随分前からテスト範囲が改定されています。一応、改定前、改定後、どちらか好きな方を受験できますが、8月一杯で改定前のテストは受験できなくなり、改定後のみになります。

今さらテスト範囲が変わるなんで冗談じゃないです。なんとか8月中に取得しないとと思い、8月31日に再受験しました。

そして、なんとか合格。合格点ギリギリの70点。いやー、危なかった。

テスト終了と同時に点数が発表されますが、発表された時に心臓がバクバク。その後は全身脱力してしまいました。

まあなんとか受かって良かったです。

 

 

 

 

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 学習日記 6ヶ月

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2の取得へ向けて、6ヶ月近く勉強しました。現在の状況を日記にしたいと思います。

最近はひたすら公式ホームページの参考資料を使って勉強しています。

参考資料は11ファイルあり、1ファイル100ページ近くあるものもあります。コレだけの分量があると、勉強のやりがいがあります。この参考資料を使って、どうやって勉強しているかと言うと。

とにかく参考資料を読む

まあ基本ですけど、とにかく参考資料を読んでいます。似たような内容の資料もありますが、とりあえず暇を見つけては目を通しています。

参考資料の内容を書き写す

参考資料の内容で気になった所は、テキストファイルに書き写しています。手書きではなく、キーボードで打ち込んでいます。

手書きだったら記憶に役立つと思いますが、キータッチだとどうなんでしょうかね。なんか無駄なことをしている気がしますが、資料を読むだけでは全然頭に入らないので打ち込んでいます。

コードを実際に書く

これも基本ですね。参考資料に書いてあるコードを実際に書いています。

資料を読むことはインプット、コードを書くことはアウトプットです。やっぱりコードを書いて、どんどんアウトプットしていきたいです。面倒くさがらずに、チマチマとコードを書いています。

どこを勉強しているのか?

JavaScriptの文法とWebブラウザにおけるJavaSciript APIをひたすら勉強しています。HTML5 関連APIは、まだ時期尚早だと判断してやっていません。

とりあえず、JavaScriptが分かっていないと、HTML5 関連APIに進めないと感じています。まずはJavaScriptをしっかりと理解する必要があります。

勉強を開始してから、もう気づけば半年近くも経ちました。当初の計画では前月中に受験する予定でしたが、まだ時間がかかりそうです。頑張ってもあと1ヶ月はかかると思います。

まだまだ合格には遠い道のりです。

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 学習日記 5ヶ月

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2の取得へ向けて、5ヶ月近く勉強しました。現在の状況を日記にしたいと思います。

5ヶ月間での勉強内容はこんな感じです。

マイナビ出版「HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2 対策テキスト&問題集」を使った学習

  • テキストを全部読んだ。ただし、理解できない箇所がある。特にChapter4の後半。
  • テキスト内のコードサンプルを実際に書いた。全部ではないが、大体のコードサンプルを書いた。
  • 各Chapterの問題を全て解いた。しかし、ほどんど解けなかったので、解答を読んだ。

 

公式ホームページの参考資料を使った学習

  • 全資料の2割程度を読んだ。
  • 2割程度の問題を解いた。
  • 今後はこの資料を読むこと、問題を解くことがメインの学習になる。

 

公式ホームページのサンプル問題の学習

  • 1割程度問題を解いたが、自分には難しかったので保留にした。
  • 最終的にはこの問題が解けるようになることを目標とする。

まとめ

5ヶ月勉強しましたが、JavaScriptのコードを書くことすら微妙な状態です。そんな状態なので、HTML5関連APIは、まだ全然出来ていません。

まだまだ合格への道のりは、まだまだ遠いです。

 

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 学習日記 3ヶ月

マイナビ出版「HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2 対策テキスト&問題集」で約3ヶ月勉強しました。
 
現在、Chapter4「さまざまなHTML5関連API」を学習中です。ほんの60ページの間にさまざまのモノを詰めすぎて全然わかりません。というかこれで理解できるようになること自体が無理だと思います。
 
本を読んでも分からないので、いちいちネットで調べていますが、難しくて読んでもイマイチ理解できません。
 
グラフィックス、マルチメディア、オフラインアプリケーションAPIなどいろいろありますが、それぞれ1冊の本になるレベルだと思います。その位じゃないと使える技術として身につかないでしょう。
 

HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2は実戦向きなのか? 

まあ、レベル2の試験は広く浅い範囲の出題になると思います。なので、仮に試験に合格しても実際に使えるようになるのか?実戦向きなのか?というと、さすがにそれは難しいと思います。
 
今回資格を学習することで、HTML5関連の幅広い技術の全体像を知ることになるでしょう。実務に使える深い知識は、資格を取得した後の段階です。ということは、資格を取得した時がスタートラインになる思います。
 

資格取得はスタートライン

資格を取得する前は「これを取ったらいけるな」と考えますが、いざ勉強しテストに合格すると「まだスタートラインに立ったばかりだな」を考えを改めます。
 
勉強することで、その分野の奥深さを知ることになる。まあ、資格ってそんな役割なのかなと改めて思います。
 
だから資格を取っただけではダメなんだよ。と自分に言い聞かせています。
 
 
 

HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 学習日記 2ヶ月

マイナビ出版「HTML5プロフェッショナル認定試験レベル2 対策テキスト&問題集」で約2ヶ月勉強しました。
 
DSC_0168
 
大体1日30分、週5回程度勉強していますが、あまり理解できていません。予定より進捗が遅いと感じています。
 

約2ヶ月勉強して気づいたこと

 2ヶ月経って、この1冊だけで勉強することに無理があると気づきました。この本は、試験用にまとめています。簡潔にまとめてあるからこそ、1つ1つの説明が自分には足りないんだと感じるようになりました。
 
本を読んで「難しいなー」「わからないなー」と思っていましたが、だったら他の本を手に取れば良かったんだと、2ヶ月経って気づきました。
 
なんでこんな単純なことに気づかなかったのでしょうか?
 

辞書的な本を買ってみた

ということで、辞書的な役割を求めて、細かい説明が載っている本を購入しました。O’REILLY 「JavaScript  第6版」
 
DSC_0171
 
どうせだったら、しっかりとした技術書の本が良いかなと思い購入しました。値段は4536円!高い!本気じゃないと買えない金額です。身銭を切ると本気になりますね。
 
何が何でもJavaScriptをマスターしてやろうと意気込んでいます。