市川ウェブデザイン

色彩検定2級の合格証書が届きました。

DSC_0138

色彩検定2級の合格証書が届きました。2級なんてたいしたことないと思ってはいますが、こうやって合格証書が届くと嬉しいです。

DSC_0143

2級 色彩コーディネーターの資格証が付いていました。この資格証をいつ、どこで使えば良いのか?誰かに見せるときがあるのか?全く見当がつきません。日の目を見ることがなさそうなので、ブログに載せておきます。

最近、JavaScriptに力を入れていて、その後はPHPをやろうと考えています。デザイン関係は正直どうしようかなーと思いましたが、やっぱり色彩検定1級を受けたほうが良いかな?なんにせよ最上級の資格を持ったほうが良いと考え直しました。

色彩検定2級はデザインの役にたつのか?

色彩検定2級を取得しましたが、実際デザインの役に立つのか考えてみたいと思います。私はウェブサイト制作者なのでWebデザインに焦点を絞って考えてみたいと思います。

就職に役立つのか?

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_m

うーん、就職活動していないので、わかりません。就職に有利になる業界ってあるのでしょうか?なんとなく美容業界やデザイン関係の業界くらいしか想像できませんが、40代のオッサンには門外漢過ぎてわかりません。

Webデザイナーは私のテリトリーですが、どうなんでしょうか?就職に役立つのでしょうか?無いよりあった方がいい程度ではないでしょうか?運転免許しか無いよりは良いのではないでしょうか。あまり期待しない方がいいと思います。

Webデザインに役立つか?-1-

DSC_0063

これは役に立ちます。色相、明度、彩度、トーン、配色、配色イメージが分かって、とても役に立ちます。あと、光と色についても重要で、パソコンのモニターは加法混色であり、プリンターは減法混色です。

色彩検定の勉強をする前は、プリンターのインクの色はシアン、マゼンタ、イエローですが、「なにカッコつけた名前つけているんだ」と思っていました。今なら意味がわかります。

Webデザインに役立つか?-2-

DSC_0064

とはいっても、それだけでデザイン力がアップするかといえば、そんなことはありません。理論を知ったからといって、実践できるわけではありません。「デザインに近道なし」というような本のタイトルを見たことがありましたが、やはり、地道な努力が必要です。現にわたしは、地道な努力を怠っているので、デザイン力はたいしたことありません。

他に役に立ちそうなもの?

DSC_0067

色彩検定は、ファッション業界の団体が母体となっているので、ファッション、インテリアには役に立つと思います。ただし、あくまで役に立つレベルだと思います。プロレベルにはなりません。興味があれば、色彩検定の学習をキッカケにどんどん勉強してプロレベルになりましょう。

その他として、意外にカメラが上達する気がします。光や照明の知識が、撮影に活かされると思います。

これがあれば食っていける資格ではないので、過剰な期待はしない方が良いと思います。

どうして色彩検定の資格を取得しようと思ったのか?

sikisaikentei

私は、40才になってから色彩検定の勉強をはじめました。
どうして資格取得の勉強をしようかと思ったかというと、デザインのセンスが無かったからです。

無かったから・・・と、過去形にしましたが、今でもセンスはありません。

私は、ウェブサイト制作者ですが、デザインに自信がありません。そのことを十分に自覚していたので、デザインで飯を食べようと思っていなかったし、出来ることであれば避けて通りたいと思っていました。

ただし最近、個人事業主さまや小規模な法人さまを対象に仕事をするようになって、予算の関係から自分でデザインをやらざるを得ないことが多くなりました。

その時に感じたのですが、やっぱりお客さまはデザインが良いと受けが良いです。

私は、コードを書くのが得意で、きれいなコードを書くことに重点を置いていましたが、褒められたことは一度もないです。

やっぱりわからないですよね。仕方がないです。

ということで、デザインの勉強をイチからやろうと思いました。

せっかくなので、勉強しながらデザイン関係の資格も取れたら、少しは泊が付くかなーと浅はかな考えもありました。

有名なデザイン関連の資格として、「色彩検定」と「カラーコーディネーター」がありますが、色彩検定にしたのはテキストが読みやすかったからです。ただそれだけです。

今思うと、色彩検定は主に色についての資格なので、デザインの資格ではないと思いますが、まあ乗りかかった船といいますが、せっかくなので頑張って勉強したいと思います。

色彩検定2級合格しました。

DSC_0045

文部科学省後援 色彩検定2級に合格しました。
テストを受けたとき、「まあ、合格したな」と思っていましたが、実際に合格通知が来ると嬉しいです。

DSC_0046

3級の時もそうだったのですが、通知書に解答が載っています。テストは200点満点で合格点は136点。早速、自己採点したところ、189点でした。約90%の正解率だったので、今回はかなり出来たと思います。

色彩検定2級を受けた正直な感想

まあ、2級までは普通にやれば誰でも合格するのではないでしょうか?
今は合格ホヤホヤなので嬉しいですが、冷静に考えるとたいした自慢にならないと思います。なんといっても、1級。1級を取らないと大したことないです。1級に向けての学習が重要です。

色彩検定2級・3級のテキストや問題集は、普通に書店で売っていますが、1級のテキストや問題集は、ほとんど見かけません。東京駅の大きな書店で1度見かけただけです。単純に1級を学習する人が少ないのではないでしょうか?多くの人は、2級や3級で資格取得を止めてしまうのだと思います。

やっぱり1級を受けないと・・・

何の資格にも言えることですが、やっぱり1級を取らないと、人は認めてくれません
「へー、すごいですね!」と思ってもらえるのは、最上級の資格を取得することです。

今回、2級を取得したことにより、1級を受けるための準備ができたと考えるようにしています。ここからが勝負というか、今辞めたら意味がないというか、せっかく学習しているのだから、ここで止めたらモッタイナイです。

もう来年の受験日は決まっているので、しっかり学習して受験するつもりです。
すんなりとは行かないと思いますが、止めないで継続するつもりです。