市川ウェブデザイン

市川ウェブデザインのロゴ制作したが、イマイチだったので作り直した。

前回の記事の件(市川ウェブデザインのロゴ制作したがイマイチだった。)、速攻で再チャレンジします。前回のロゴ制作ですが、「ちょっと雑な仕事してしまったな」と反省していました。今回は、もう少し丁寧に制作していきます。

まずは、作業環境を作ります。ロゴだけを作っても、実際のホームページにロゴを配置しないとバランスが把握できません。イラストレーターで擬似的に環境をつくります。

0104-1

 

ロゴのフォント、サイズ、カーニングなどを調整します。

0104-2

 

色を調整して、縁を付けたところで、今回はコレで行こうと決めました。

0104-3

 

いろいろと微調整をしましたが、なんかシックリ来なくて、無駄に時間が過ぎていきます。あともう少し変化があると良いのですが・・・。

0104-4

濁点を揃えてみました。バランスが良くなった感じがあります。「イ」「ン」の部分をイジりたかったのですが、スキル不足のため断念。今回は、これでOKとします。

0104-5

書き出しは「アートに最適」を選択。「文字に最適」で書き出して見比べましたが、今回は「アートに選択」を採用しました。

0104-6-1

ホームページにロゴを貼り付けて完成です。だいぶ良くなったと思います。

0104-8

市川ウェブデザインのロゴ制作したがイマイチだった。

logoold

自分のホームページの「市川ウェブデザイン」というロゴは、テキストなので見栄えが良くないなーと思っていました。本来であれば、プロのイラストレーターへお願いしてロゴを制作してもらいます。ただし、どんなロゴにするかまだ決めていないので、暫定処置として自分で制作しました。

自分でロゴを制作といっても、大したことはできませんし、するつもりもありません。とりあえず、なんなシックリくるフォントを選んで、文字間隔(カーニング)の調整をする程度で完成とします。

ichikawawebdesign-logo

私のホームページのデザインは、子供っぽい感じがするので、そのイメージにあったフォントを選びました。今回は、「平成丸ゴシックStd」にしました。尚、このフォントは、AdobeのCreative Cloudが提供するサービス「Typekit」にあります。多分、Creative Cloudを契約しないと利用できないと思います。

ichikawawebdesign-logo2

一応、文字同士の間隔(カーニング)も調整しました。カーニングのさじ加減はなんとなく適当です。

logoold2

完成です。うーん、あんまり変わってない気がする。しかも画像にしたから、文字がにじんで見えます。今度、もう一回作り直します。